カレッジログ
横須賀米軍基地内にあるアメリカの州立大学へ自転車で通う日本人駅前留学生モッキー。教授も生徒もみんな外国人のこの大学で彼は本当に授業についていけてるのだろうか?
プロフィール

mokkie

Author:mokkie



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



占いブログパーツ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「沈まぬ太陽」
今話題の映画、「沈まぬ太陽」をこの前見てきた。
だいぶ前に小説を読んだことがあって、興味があったから
映画バージョンも絶対見たいと思っていた。
飛行機が墜落して、遺族たちが悲しんでるシーンとかは
かなりリアルであやうくこっちまで泣きそうになった。
ただ、主人公の恩地がカラチ、テヘラン、ナイロビに飛ばされた
あたりの話はかなり省略されていて、もうすこしこういった国々での
生活シーンが見たかった。
JALはこの映画に対して激しく抗議したらしいが、確かにこの映画の
影響でJALのイメージは落ちると思う。
この物語はフィクションっていうことになってたと思うけど、
かなり現実的な話だった。

スポンサーサイト
「ツォツィ」
またしても重い映画を見てしまった。。。

南アフリカのスラム街に住む黒人少年が主人公の映画「ツォツィ」。
たまたま誘拐してしまった赤ちゃんを育てようとしながら、いろんな罪悪感に悩む姿が描かれている。
スラム街でひどい暮らしを強いられている人々と金持ちの人達とのギャップがよく分かる映画だった。

かなり怖い内容の映画だけど、考えさせられる部分も多い話だった。
「闇の子供達」
以前からみたいと思っていた「闇の子供達」をこの前DVDで見た。
タイの臓器移植問題や幼児売春を扱った映画だが、見ていて本当に驚いた。
あまりに衝撃的な映画だったので、その日の夜は考え込んで眠れなかったくらいだ。

タイには今まで何回も行って、たくさんの現地の人達と接して、タイに関してはいろんなことを知ってるつもりだった。
でも、やっぱり僕のようなただのバックパッカーで行っただけでは、その国が本当に抱えてる問題までは見えてこないんだなって思った。
Beyond Rangoon
最近You Tubeで「Beyond Rangoon」という映画を見ている。

強盗に家族を殺され絶望していた医者のローラが、動乱の中のミャンマーを訪れて生きる希望を取り戻すというストーリー。

僕はこの映画を19歳の時に見て感動し、20歳の時にミャンマーを訪れた。

ミャンマー好きの人なら絶対に見て欲しい映画だ。


映画「マザーテレサ」
3連休最終日にダイエーをぶらぶらしてると、DVDの安売りをやっていた。
映画「マザーテレサ」が500円で売っていたのでつい衝動買いをした。
有名な名作だし、前から一度は見ておきたいと思ってたからちょうど良かった。
忙しくてまだ全部は見てないけど、1946年のインドの様子がよく伝わってきた。
映画にはインドの貧しい人々が多く出てきてるけど、僕がインドに行った2001年もこの映画に出てくるような物ごいの人々が本当にたくさんいたのをよく覚えている。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。