カレッジログ
横須賀米軍基地内にあるアメリカの州立大学へ自転車で通う日本人駅前留学生モッキー。教授も生徒もみんな外国人のこの大学で彼は本当に授業についていけてるのだろうか?
プロフィール

mokkie

Author:mokkie



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



占いブログパーツ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッダ
 最近、手塚治虫の「ブッダ」を読み終わったので、忘れない内に簡単な感想を。
 舞台は今で言うネパールとインド。物語はブッダが生まれる少し前から始まり、ブッダが悟りを開くまでの経緯や、教えを説くために旅をしていた時のことなどが描かれていて、仏教に関して全く無知だった僕には非常に勉強になりました。中でも印象深かったのが、ブッダが悟りを開くきっかけにもなった「アッサジの死」。予言者アッサジは飢えたおおかみ達の為に自ら犠牲になり、自分の身を食べさせてあげて死んでいったのです。彼は自分が死ぬ日を予言によってわかっていながら、最後までその恐怖におびえることなく死んでいきました。アッサジはブッダが悟りを開くのに最も大きな影響を与えた人物なのですが、マンガの中で描かれているアッサジは鼻をたらしたクレヨンしんちゃんみたいな感じのかわいい子供なところがまた印象的です。
 もう一人印象的な人物は、ブッダの最高の弟子として最後までブッダにつかえた元殺人鬼のアナンダ。殺人鬼だった彼が悪魔の誘惑と戦いながら必死でブッダについていこうとする姿が感動的でした。「アナンダ」という名前ですぐにピンときたのですが、ミャンマーのバガンに有名な観光名所として「アーナンダ寺院」というのがあって以前行った事がありました。寺院の中に大きな像があるのですが、この像がこのマンガに出てくるアナンダだったのかもしれませんね。
 次回インド、ネパール、ミャンマーあたりに旅行する時は、もう一回このマンガを読んでから行きたいですね。
 その他手塚作品では「アドルフに告ぐ」「火の鳥」必読です。
スポンサーサイト
韓国料理店
 この前の日曜、新大久保にある本格韓国料理店に行ってきました。
僕は言わずと知れた海外旅行好きの為、異国情緒あふれる新大久保の町を歩いているだけで癒されてしまうのですが、肝心のお店のほうも大成功。キムチたっぷりの鍋料理やチヂミなどかなり本格的。新大久保のほうの韓国料理店は僕の今までの経験ですと、日本人向けに辛さを抑えるようなことはせず、本場韓国の味を出してくれているお店が多くて、今回行った「おんどる」もかなり辛いものがあったのですが、僕の多国籍な舌はそれがまた一層うれしかったようです。食べ物だけでなく、凍りつくほど冷えたグラスに注がれたビールや韓国のお酒「マッコリ」もなんとも美味でした。
 ところで、、、食事中に出た話題で、「禁酒すれば一日が長くなる」といったことを僕が力説してたのですが、日曜の日記を今頃書いているのは、「家に帰ってすぐに酒を飲みそのまま寝てしまう」という最近の悪習がそうさせたのです。やはりお酒はほどほどにしないといけませんね。
プレゼンテーション
今日はビジネスクラスの最終日で、クラスの人達全員がそれぞれの課題について、一人ずつ発表していくといったものでした。全員スーツを着ての本格的なプレゼンテーションでだいたい一人5分くらいずつ前に出て発表していきました。クラスメート達のほれぼれするほど素晴らしいスピーチに聞き入っていると、いつの間にか僕の出番。僕の場合、英語を話すスピードがかなり遅い為、5分といっても他の人達に比べると内容は3分の1弱しかなく、しかもところどころ詰まってどもってしまったりして、なんともお粗末なスピーチではありましたが、善良なクラスメート達はきちんと真剣な眼差しで最後までスピーチを聞いてくれ、終了後には拍手をしてくれたのです。
僕のスピーチがクラスで最低点なことは間違いがないのですが、自分なりに堂々と発表できたし、自己満足度は大きいです。僕は以前から人前でスピーチをする時はものすごく緊張してしまうほうなのですが、英語のスピーチだと「うまく出来なくてもともと」と思ってる為か、それほど緊張しないから不思議です。
今日はスピーチが終わりホッとした日でもあり、クラスメート達とのお別れの日でもあったのです。そして、今回のバイタリティあふれる素晴らしい教授ともお別れです。今回の教授はまさに「模範的教授」と呼べる程の素晴らしい人でした。
新たなお店
 昨日は横須賀に新しくできた本格インド料理店に行ってきました。
「ベイリーフ」という名前のレストランなのですが、外見はこじゃれた感じのバーみたいなので、インド料理店だと気がついたのはオープンしてから少し経っていました。
 店主はどうやらバングラデシュ人らしくかなりフレンドリー。お客さんを魅きつける人柄がにじみ出ていたので、これからアットホームな感じのお店として繁盛していきそうです。
 肝心の味のほうも相当なものです。今回はタンドリーチキン、カレー二種、ナン二種と合計5品目だったのですが、どれも奥の深い味といった感じでした。いやホントにうまかった。メニューはかなり豊富なのですが、これから頻繁に行くことになりそうなので、すぐに全メニューを制覇してしまいそうです。このお店は学校帰りに毎日通る為、ちょっと気を許した時にフラっと寄ってしまうことでしょう。
ラジオ英会話
効率的な英語の勉強法っていうのはどういうものなのか、結構いろいろ考えてしまうのですが、最近やってる勉強法は、ラジオ英会話のCDを買い、それをMP3に入れて通学時間の30分間自転車をこぎながら聞くというものです。たまに人にぶつかりそうになったりして、危険な勉強法ですが、ラジオ英会話のCDは日本語での解説もついていて、ボキャブラリーなんかもナレーターが日本語の訳を言ってくれるので、聞いてるだけで理解、暗記をすることができます。トピックも聞いてみるとなかなか面白いものが多いのです。
テキストはいつ読むのかというと、決して勉強机に向かって読むようなことはせず、ちょっとした友達との待ち合わせの合間など、すき間時間を利用するようにしてます。この前の日曜は床屋に行ったのですが、混んでたため一時間時間が空いたので海の見える公園に行って、海際で一人テキストを読んでました。なんとも寂しくも優雅な勉強時間でしたが、これがまた普段以上に集中することが出来たから不思議です。自分で時間を作って勉強をしようとすると、時間があるという余裕からか、なかなか集中するまでに時間がかかるのですが、すき間時間というのは、どうせ少ない時間しかないのだからと思えるため、すぐに集中できます。もっとも、ホントに少ない時間だから勉強量も少ないのですが。。。
久々筋トレ。
 今日は昼に床屋へ行った後、10日ぶりくらいに近所のスポーツジムへ筋トレをしに行ってきました。毎回始める前に体脂肪率を計るようにしてるのですが、最近暴飲暴食が続いた為か、脂肪率は上がってました。体脂肪率が上がってるか下がってるかというのは、生活の仕方によって、計る前になんとなく想像できてしまうものですが、実際数字で見ると現実身がありますね。体重は中学三年生の時に比べると15キロも上がってるわりに、身長はほぼまったく伸びていないから恐ろしい。。。働いていた頃は食べることでストレス発散をしていたので、そりゃ太って当然ですね。今後はランニングでストレス発散といった傾向に変えていきたいです。
テレビで横須賀が。
 今日夜のニュースで横須賀が出てました。
なんでも基地に出入りしている船から大量の油が海に流出したとのことです。そう言われてみると、今日見た海は汚かったように思えます。基地内兵士による殺人事件、タクシー無賃乗車など、なんやかやと最近横須賀に関してはあまりよろしくないニュースが多いですね。
イメージ挽回を図る為にそろそろ何か良いニュースを聞きたいものです。
 僕は今日も平和に一日終えました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。